image_6483441.JPG

ens 食の会

二日間だけの ens 喫茶室 菓子屋琳

photo /  Ayaka Onishi

四万十のエネルギー、屋久島のエネルギー、そして和歌山のエネルギー、

菓子屋琳に縁のある土地の恵を頂くraw chocolate ganache のコースになっています。
空間の設えテーブルコーディネートは川井有紗が担当し、

五感で食を味わって頂ける特別な時間になります。

2022年2月11日 金曜・祝 12日 土曜

菓子 菓子屋琳
設え 川井有紗


13:00 - 14:30
15:00 - 16:30


4,000円

​定員 各回8名

場所 ens

​予約
enswakayama@gmail.com
お名前、人数、連絡先をご記入の上、
予約受付完了とさせて頂きます。

menu
- raw chocolate ganache course -

*raw ganache*
( raw chocolate coating )
和歌山(ensの庭・いろどり山 )柑橘
屋久島 月桃
屋久島 抹茶
四万十 冬苺
 
*raw cake*
( raw nuts dough )
四万十 紫芋 × 干柿 × 日本肉桂
四万十 柚子 × キウイ

*raw chocolate*
明白 ( シンプルな一粒 )

review the day

丁寧で時間のかかる手仕事。
菓子屋琳の仕事は土や植物が育つ時間に似ています。時間の経過が創り出す物は人間のコントロールの中で急速には生み出せません。共に生き、実りを待ち侘びやっと形になります。
菓子屋琳の菓子には、そんな生命の喜び、煌めきや美しさが小さな一粒に詰まっています。

一粒食べては身体の中に風が抜けて、葉達がざわざわと音を響かせる風景を想像したり、もう一粒食べては、色とりどりの光の粒で出来た世界に連れて行ってくれたり、様々な想像や風景が身体に広がるのです。

菓子屋琳の扱う素材はどれも季節や土地の恵み、すぐ側にある細やかな素材で作られています。すぐ側にある恵や豊かさ、美しさに気づく事が出来たなら、何げない毎日の生活が豊かになると思うのです。そんな気づきを来て下さった皆さんの生活に細やかでも、持ち帰って頂ける事があればこの上なく幸せに思います。

今回のens 食の会、二日間だけの喫茶室に参加頂き、共に時間を共有して下さった皆さんからは、本当に沢山の美しい言葉や、響き合いを頂き、とても濃密な時間となりました。本当に有難うございました。

次回の ens 食の会は5月に予定しております。


小麦を自ら育て、薪窯を使い大地と火の力を充分に内包した薪火野のパンと料理家の城田文子さんの「パンとスープの会」となります。こちらも植物の力、作り手の愛を存分に感じて頂けると思います。どうぞ宜しくお願いします。

image_6483441 10.JPG

菓子屋 琳

 

四季折々のたわわな植物たちを
ちいさな一粒に綴じ籠めた
RAW CHOCOLATE

其々の其の儘の生命力が
人々の身体と心と交わって
美しい循環の糧となりますように

www.instagram.com/__.__rin__.__/

photo / 小田雄大

47A76201-AE9F-4880-AEF4-79025306DCF9.JPG

川井有紗
 

1982年広島県で生まれる

現在は和歌山県紀美野町の山の上で豊かな自然の中暮らし、活動中

自然の中に有る美しさやエネルギーを、感じるままに身体を通して装身具やオブジェ、自らの声を使うなど、様々な表現で形にしている

2021年5月、山の上に ens をオープン
様々な表現者と共に世界の美しさを伝えていく

www.instagram.com/kawaiarisa_ens/

< event